がん治療に新しいストーリーを

当院とCDC6shRNA治療 POLICY

「CDC6shRNA治療」という名称は、 阿保義久院長が2009年に治療を開始し、命名しました。 当院としては、治療の限界や副作用もしっかりと説明し、 患者様や家族に理解・納得していただいた上で治療を開始しています。 この遺伝子治療の先駆者として、 投与ルート、薬量、投与頻度などの治療プランの改善を続け、 少しでも多くの癌患者様を救えるように、日々、知恵を出し合っています。

がん治療の知識 KNOWLEDGE

がんの最先端治療を行う医療機関目線で、現在のがん治療を解説していきます。

ページの先頭へ