患者様・ご家族の方へ

患者様・ご家族の方へ MESSAGE

がんの根治的治療として、手術治療をはじめ、放射線治療や高周波治療、最近では重粒子線治療などさまざまな治療法が登場しています。しかし、いずれの治療法も、発生した部位や大きさ、転移や進行の程度などによっては、根治的治療にならない場合もあります。 進行がんに対して用いられる化学療法においても新しい治療薬が続々と登場していますが、いまだに「がん治療の切り札」となり得ていないというのが現状です。 実際のところ、根治的ながん治療を希望しているのに「有効な治療法がない」と診断される患者様も少なくありません。

そのような患者様やご家族の方々のご希望を受け、本院では2009年から「CDC6shRNA治療」の提供を開始しました。

CDC6shRNA治療は、がん細胞を攻撃して殺すのではなく、がん細胞の増殖を止め、がん細胞を老化や自殺に導くという治療法です。 正常細胞にダメージを与えないため、大きな副作用がありません。 また、手術や化学療法、放射線治療、免疫療法などとの併用も可能で、化学療法のように、治療を続けると徐々に効き目が減っていくということもありません。 有効な治療法がないと診断された末期がんの患者様を対象に、治療実績は100件以上。 既存の治療法では治癒が難しい「スキルス胃がん」に高い治療効果が認められた例も複数あります。

 
980
CDC6shRNA治療に対する想い
VISION
470

末期がんの治療において、多くの場合、医師は「延命」を治療のゴールと考えます。 そして、生存期間を延ばすという目的のもと、生活の質の確保が十分に行われない傾向にあります。 治療の副作用による生活の質の著しい低下、長期の入院など、患者様やご家族に多大な負担を強いることも少なくありません。 このような治療は“人の尊厳を失わせるもの”だと、私は考えます。 これに対して「CDC6shRNA治療」は、生活の質を落とさず、“人の尊厳を重んじる”がん治療法といえます。 「末期がんの患者様でも、希望を持てるように」 「肉体的・精神的な負担を強いられることなく、がんを克服できるように」 そんな想いを実現する治療法なのです。

ページの先頭へ