がん遺伝子治療について

カテゴリー
がん遺伝子治療について

膵臓がんなどの難治がんに対する遺伝子治療/CDC6 RNAi 療法:新薬への期待

北青山Dクリニックでは、革新的治療かつ未承認治療であるCDC6 RNAi 療法を、標準治療(手術、放射線治療、化学療法)でコントロールできていない進行がんや難治がんに対 して提供しています。すなわち、病期が既に相当に進み(ほとんどがステージ4)、可能な限り標準治療を行ってきたにもかかわらず十分な治療効果が得られていない方が治療対象になります。 このような方々は、そもそも標準治療で回復が見込めない非常に難しい段階に入ってしまっていますので、CDC6RNAi療法をもってしても、病状を元通りに戻すのは残念ながら困難です。しかし、そのような大変厳しい状況にある患者さん方の症状が改善し病状が安定して日常生活を維持できるようになるケースも一定の割合で見られます。そして、仮に所望の改善が得られず状況が徐々に悪化している中においても、副作用がなく生活の質を 落とさずに治療が実現できる点で、患者さんご本人やそのご家族の方々からCDC6RNAi療法を好評価していただいていることも事実です。

難治がん・進行がんに対するCDC6 RNAi 療法の治療反応例を部位別にまとめたものを以下に示します。症状が増悪の一途を示し、余命1か月程度と宣告されてからCDC6 RNAi 療法を開始した患者さんを対象にしていますが、病状の進行が止まって状態が安定する例が相応にあります。中には病状が快方に向かい、治療をずっと維持できればがんを克服できる可能性を感じる例も出現しています。


これを見て皆さんはどう感じら れるでしょうか。
一般の方々は「期待できるほどの成績ではない」と感じられるかもしれません。
しかし、末期がんの患者さんの一般的な経過や、現在登場している画期的な新薬や治療法を認識している私たち医師から見るとこの成績は驚くほど良好な結果です。巷では、あたかも末期がんを完全に治せる治療であるかのような表現を目にすることがありますが、それは誇張表現で誤解を招くものです。末期がんの治療は現実的には非常に厳しいのです。
末期の胃がん(スキルス胃がん)の50%、膵臓がんの30%の進行をしっかりと抑えることができるというのは、現在の医療レベルでは極めて良好で期待できる治療と言えると思います。もちろん、この成績に満足しているわけではありません。治療成績を向上させる べく、投与方法の見直しや治療薬の改善に常に積極的に取り組んできました。そして今まで何度か治療薬の大幅な改善により治療成績の劇的な向上を実現してきました。さらに、 過去に経験していない革新的な治療薬の改善を今迎えようとしています。CDC6 RNAi 療法の治療効果に最も大きく影響しているのは単位時間当たりの CDC6 shRNAの投与量です 。この投与量を、今までと全く次元が異なるレベルに増量できる手法がこの度考案されました 。そもそも、CDC6 RNAi 療法は、その特徴の一つとして大きな副作用がないことが挙げられます。一過性の発熱が見られることはありますが、化学療法に見られる骨髄抑制、消化器症状、神経障害、免疫失調など生活の質を大きく下げる副作用がありません。極めて大量に投与しても副作用が発生しないことから、安全面の点でも、治療効果の観点でも、 今回の単位投与量の大幅な増量は大変期待されます。 まもなくこの新世代のCDC6 RNAi療法が開始できる見込みです。進行がん、難治がんに対する治療効果が革新的に向上することを願っています。

コメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ