がんの治療法

標準的ながん治療

現在、最初に選択される標準的ながん治療は以下の3種類です。

標準的ながん治療


外科治療

外科手術は、がんを完全に除去するという点で、もっとも根治性の高い治療法です。
がん細胞からすれば、他へ広がる隙もなく、瞬時に除去されてしまうことになります。
しかし、がんの周りの組織も含め切除してしまうことは、身体に少なからずダメージを与えます。また、他の場所に転移している場合、手術はできません。もしも、取り残してしまった場合は、再発する可能性もあります。

放射線治療

放射線治療法は、外科治療(手術)よりは身体へのダメージが少なく、また手術では届きにくいところにある場合に有効です。近年では、重粒子線など、がん除去能に極めて優れた治療法も選択できるようになりました。ただし、これも他の臓器に転移している場合には有効ではありません。

薬物療法

薬物療法は、いわゆる「化学療法=抗がん剤」、「ホルモン療法」、「分子標的治療薬」などに分類されます。外科手術や放射線治療とは違い、全身に薬剤を行き渡らせることができるため、転移がある場合に選択されます。その中でも「分子標的薬」の進化により治療成績は改善してきていますが、貧血、吐き気、口内炎、脱毛などの生活の質が著しく下がる重い副作用は避けられません。

ページの先頭へ