がんの治療法

あらたな治療法「遺伝子検査」

がんの検診技術が向上したことにより、早期発見・早期診断が可能となってきましたが、PETやCT、MRIなどの各種画像検査では、がんが5mm~1cm以上の大きさにならないと発見できません。

検査負担が少なく、できるだけ早くがんを同定できる検査はないものか?
その思いに応える検査法として生まれたのが「がん遺伝子検査」です。

「がん遺伝子検査」でわかること

がんの発生には「がん遺伝子(がん発現遺伝子)」と「がん抑制遺伝子」が関与しています。「がん遺伝子」は正常細胞のがん化を進めるアクセルの役割をし、「がん抑制遺伝子」は正常細胞ががん細胞化するのを抑えるブレーキの役割をします。 また、がん細胞が進展すると血液中の遊離DNA(フリーDNA)が増加することもわかっています。 「がん遺伝子検査」では、血液検査により、

  • 血中のフリーDNA濃度
  • がん抑制遺伝子の変異
  • がん発現遺伝子の発生量

を測定し、約1,000名のサンプルから得られたデータに基づき、がん細胞が存在する確率を提示します。  

【検査対象】

  • 積極的にガンの予防をしたい方
  • がん治療後の再発を制御したい方
  • がんをできるだけ早期に発見したい方

【検査方法】 血液検査(採血量35ml)
【所要時間】 診察30分/採血5分 ※全体で約45分
【費用】 147,000~262,500円 ※調べる遺伝子の個数・内容で異なります

「がん遺伝子検査」のメリット

  • 血液検査なので、時間的・体力的な負担がほとんどない。
  • がんが体内にあることを極めて早期に確認できる可能性がある。
  • がん細胞が発生していなくても、がん細胞が発生しやすい状態にあること(がん抑制遺伝子の変異+がん発現遺伝子の増加)を確認できる。

遺伝子検査の有用性

「がん遺伝子検査」の限界

“超”早期のがんを検出することはできますが、それが「どの部位に発生しているのか?」までは同定できません。また、がん診断に関わる他の検査と同様に、疑陽性や疑陰性がゼロではありません。

「がん遺伝子検査」の活用法

この検査は、がん発症の予防・早期発見の点で、極めて有望な医療技術といえます。
しかし、検査を受ける側がその内容や意味をしっかり理解・納得した上で検査に臨まなければ、いたずらに不安を感じたり、検査結果に安心して他の検査を受ける機会を失ったり、といったことになりかねません。
検査を受けるにあたっては、検査前の説明や検査結果に対するフォローを丁寧に行い、疑問があれば納得いくまで答えてくれる医療機関を選んだ方がいいでしょう。

「目に見えないレベルでがん細胞化が生じていると疑われる」、「がんになりやすい遺伝子パターンになっている」という検査結果が出た場合は、がん発生を抑止するライフスタイルや、高濃度ビタミンC療法、キレーション療法、サプリメントの摂取などの代替医療を積極的に実践することをおすすめします。

ページの先頭へ